Ainol Novo 7 Elf レビュー ハードウェア編

先週末 Aliexpress に発注しておいた Ainol Novo 7 Elf が早速届きました。今現在の中華パッドではホットな端末なのでレビューをお送りします。

  • 2012/01/20 – 液晶の正方形ピクセルチェックを追加/サウンド/バイブレーションについて追記

梱包

海外通販の再に気になるのは商品の梱包ですが、製品の箱がすっぽり入るダンボールに綺麗に梱包されていました。今回の輸送業者は UPS ですが、箱のダメージもなく予想に反して十分安心できる梱包です。

化粧箱

Novo 7 Advanced の時も化粧箱は褒められていましたが、Elfも相変わらず良いクオリティです。中国語の記載がなかればおシャレな欧州ブランドかと思うかも。

付属品もちょっと豪華で PC接続用USBケーブル・MiniUSB->USB変換ケーブル・MiniHDMI -> HDMI 変換ケーブル・イヤフォン(黒)・ACアダプタ・ainol製品保証書・説明書(中国語のみ)・検品合格証が付属されいていました。

本体

反射を防いで撮ったのでノッペリとした質感だが綺麗な黒
液晶表面はアクリルパネル
つや消し塗装でサラサラな質感
左から 電源ボタン/メニュー/ホーム/リターン キー
左から ヘッドフォン/microSD/マイク/MiniUSB/MiniHDMI/AC

端末本体のデザインはシンプルながら高級感のあるデザインです。Android 4.0を採用することにより前面のハードキーを省いたデザインです。(これについては後述)背面もつや消しグレー塗装で見た目もシックで指紋や傷が分かり難くて良し。

重量は 350g で軽量が売りの REGZA Tablet AT3S0 より軽いです。重量バランスも良いので片手持ちでコミックを読んでもストレスを感じません。

液晶

ここまで接写してもドットは分かりづらい

Elf の液晶は7インチ 1024×600 と解像度が高めです。ドットピッチは 169ppi ちなみに中華パッド7インチの平均解像度(800×460)のドットピッチは 133ppi。 iPhone4は 326ppi です。流石に Retina と比べるのは可哀想ですが、中華パッドクラス水準より高解像度になり、文字を表示した際の読みやすさが格段に上がります。

Elf のパネルはTNパネルとみられており、やはり視野角が問題になります。致命的なのは下からの視野角で極端に視野角が狭いです。その他の角度は割りと良好な結果に。しかし発色は十分に綺麗なので、正面から見る限り問題を感じない。ちなみに正方形ピクセルなので縦長になったり横長になったりといった心配も無い。ただ極端に狭い視野角があるせいか、縦表示の場合に、左右の目で違うものを見ているような若干の違和感は感じる。こういった問題は安液晶に多く感じられる。液晶の品質は Lenovo Ideapad A1 とほぼ同等かと思われる。

ピクセル検証

検証画像
実機

表示面実寸: 154x91mm

撮影時の歪みがありますが、ほぼ正方形ピクセルで間違いないでしょう。使用している限りでも Dropad A8 のような違和感は全くありません。

タッチパネル

液晶表面はアクリルパネルで覆われていて、ゴリラガラス等を採用したタッチパネルの製品と比べると、滑りが悪くてスワイプが難しかったり擦り傷が気になりそう。この辺りはやはり値段とトレードオフか。

タッチ精度はそれほど悪くないが、カーネルの最適化不足かスワイプが誤タップになってしまう状態が多く感じられる。このあたりは端末のクセもあるのでもう、少し使い込まないと判断が難しい。

→ Android 4.0.3で若干の改善が見られます。Android 2.3.4では殆ど不満は感じられませんでした。

誇らしく並ぶドロイド君や認定マーク類。技適のマークはありません。

サウンド

スピーカーは一つしか無いが割りと聴きやすい音を出してくれる。最大でも音量はあまり出ないが一人で動画を楽しむには十分な音を出してくれる。しかし相変わらず音の出だしに通電ノイズが入る。

バイブレーション

一応バイブレーションモーターが有るがタッチ時にバイブする設定にしても動かない。(感じない程度に振動する音が聞こえる?)ちょっとこの辺りの仕様は謎。ファームアップで改善に期待。

総評

良い点

  • そこそこ剛性感のある個体
  • ミニマムなデザイン
  • 薄型(11mm)・軽量(350g)
  • 十分な発色の液晶
  • USB経由で充電可能

悪い点

  • 下からの視野角が極端に狭い
  • アクリルタッチパネル(精度は上々)
  • 充電インジゲーターが無い
  • ボリューム調整のハードキーが無い

あともう少しと言った点はあれど1万円少々という値段を考えれば非常に良くまとまった端末です。上位機種がAuroraのIPSだけと言わずに、もう5千円上げて全体のクオリティの上げた製品が是非欲しい所です。

次回はソフトウェア編を予定。なにかリクエストありましたらどうぞ~。

この投稿へのコメント

  1. nekomata said on 2012年3月16日 at 16:29

    はじめまして、参考に聞かせてください。
    こちらの elfは背面スピーカーの音はいかがでしょうか?

    例えば、
    ・音楽・動画再生にノイズ問題は? タップの時にノイズのみでしょうか?
    ・音楽再生中のスピーカーの音の曲の始まりでノイズ拾う?
    ・動画も同じく?
    ・スリープ中に限って背面スピーカーから「ブー、ブチッ」とか勝手にノイズ鳴りませんか?
    ・スピーカーそんなに通常聞くのに出だしでノイズは酷いのでしょうか?耳障りなど・・・
    ・CFWなどで上記改善?

    宜しくご教授おねがいします。

    • heli0us said on 2012年3月19日 at 14:24

      通電ノイズのみで、再生してしまえばノイズは皆無です。
      ヘッドフォンもノイズ感は無く比較的優秀な方ではないでしょうか。

      ただ当たり外れあるので、あくまで私のデバイスではと言った感じですが。
      この辺りはファームでどうこうなる問題では無いので、品質の心配なさるなら
      手を出すのは危険そうです。

      • nekomata said on 2012年3月20日 at 17:39

        個人的に中華系アンドロイド魅力ありますので、カスタマイズ含め、
        キャリア系よりかコスパ良いので。

        ただ、
        当方ONDAで定期的なノイズがスリープ中、ずーっと鳴っていたものですから、
        耳元で鳴ると寝ながらタブレット触っていたのちに寝ようかと・・・ 
        ブッ、とか ブチっとか、ブーンとか連続は堪忍。
        気になりだしたら寝れんがなぁーー的だったので、
        こちらの違うメーカーのElfの場合はどうかな?と思っておりましたので、

        通電時のみでしたら気になりませんから当方検討しようかとも考えております。
        ありがとうございます。
        また、momo9とか、 D70Wでお世話になるかもしれませんがその時は
        別件でよろしくお願いします。

      • heli0us said on 2012年3月20日 at 23:35

        スリープ中に通電ノイズが出てしまう症状はElfにもありました。既にElfは手放してしまったので分かりませんが、Auroraは最近のファームでスリープ中のノイズは随分マシになった印象です。(それでも稀にありますが・・・)

        どうやらA10デバイスの持病みたいですね。端末によってノイズの音量は様々ですが。(Vi40はほぼ聞こえません)

  2. MS said on 2012年1月31日 at 07:23

    こんにちは。 質問ですが TANGO は使えますか? カメラの画質はどうでしょうか?

    • heli0us said on 2012年1月31日 at 23:18

      今Auroraは交換中で試せないので、週末アプリテストしてみます。
      カメラはビデオチャット用と割り切れば使えますよ。画質もそこまで悪く有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL