Novo 7 Aurora/Elf – Rootが必要なアプリを使う手順

Elfはsystemが読込/書込可能でマウントされている為、Rootを取るには特別な作業は要りません。今回は TitaniumBackup などのrootが必要なアプリを使うまでの手順をご紹介します。必要なアプリはマーケットでダウンロードするので、Novo7Elf Essential等を導入して下さい。

1. Superuserをダウンロード

端末にSuperuserをダウンロード・インストールします。 >>マーケットリンク

2. SU をインストール

Superuserを開き右上のスパナアイコンをタップし、設定を開きます。設定が開いたら GENERAL の SUコマンドをタップして SU をインストールします。そうしたらコマンドが走るので「気に入った、もう一回」になるまでタップします。(systemのマウントで一回は失敗するかも)

3. Busybox Installer をダウンロード

端末にBusybox Installerをダウンロード・インストールします。 >>マーケットリンク

4. Busybox Installer を設定

アプリを開くときに Superuser 認証が入るので許可して下さい。無事に許可すると Busybox Installer が起動します。そして Busybox Version v1.18.4 を選択、Install Locationを /system/bin/ になってる事を確認して Install ボタンをタップします。

5. 完成

これで Root Explorer や Titanium Backup が問題無く動作する筈です。お試しあれ。

この投稿へのコメント

  1. 岡光 淳 said on 2012年6月16日 at 09:31

    NOVO elf 2では、うまくいきませんでした。どうすれば良いか、ご教授ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL