Clean Rom用日本語フォント

Clean Rom v0.9から他端末の移植を考えてデフォルトで日本語フォントを導入しなくなりました。なのでこんな物を作ってみました。CWMからInstall Zipしてください。

Bold対応ですので、モトヤの様に強調が無視されないのでアクセシビリティに優れています。DroidSansFallbackは軽量化の為欧文フォントに置き換えてあります。

倉庫

この投稿へのコメント

  1. heli0us said on 2012年3月21日 at 00:03

    毎度ありがとうございます。

    Androidフォント読込に関しては優秀ですね。ttc何かも普通に読めるらしいですし。ただfontsフォルダの肥大化はなるべく避けたほうが良さそうです。

    Play Store Mod 凄いですね。国制限も無視しちゃうなんて何でも有りですねw。しかしリプライが少ない所に引っかかりますが。(インストール方法の写真もリムられてますね)
    まだ人柱度が高いのでROMに含むのは流石に危険そうですね。

    >スリープの不具合
    Wifiが起きてこない不具合はありましたが、他の件は再現しませんね~。wifiバイナリ周りはondaから引っ張ってきたせいか、テザリングに接続出来ない等色々と不具合有るっぽいので色々見直しの必要がありそうです。今の所思いつく解決策はwipeしてROM入れなおし位です(苦笑)

    人柱レポありがとうございます。m(__)m

    • TorHR said on 2012年3月21日 at 11:01

      返信ありがとうございます。アドバイスに従いwipeして入れ直で今現在様子をみています。
      ちょっとその前にallwinner 0.9b2を入れてみたのでそちらの話を…プリインストールの動画プレーヤの挙動が初期タイプに近く、TSや一部ネットワーク上のmp4が再生できないようになりました。あとESファイルエクスプローラがプリインストールアプリと認識されて設定→ダウンロード済みの項目に出なくなってしまうみたいです。これらはn7 0.9bに戻す(wipeして入れ直しで)と解消しました。
      あとおまけ話です。
      n7 0.9b、aw0.9b2のどちらも二個口USB電源アダプタ(10w)でiphoneと同時にチャージしようとしましたら電力の殆どをnovo7に持っていかれてiphoneが充電できないことを発見。USBキーボード等に電力供給したりする為でしょうかね?
      USBと電源コネクタとで入力値が違うんですね。
      USB→電源プラグアダプタを使えばaurora,iphoneの両方へ電力がまわります。他、付属電源アダプタ→novo7→miniUSBからihponeへと数珠つなぎ充電なんてことも出来ました。。。

      • TorHR said on 2012年3月21日 at 18:10

        allwinnerじゃなくcwm v0.9b2 Onda Vi40対応 でしたね、すみません。これって Vi40専用ってことだったのでしょうか?ともすればauroraには0.9bでに戻して正解だったったのかも…まぁ当方は人柱ですから。
        n7 0.9bは引き続き様子見中です。Play Store Modは仰る通り怪しさ満々で今後が分からないし、ROMに含む事を考えて悩まなくていいですよ。面白かったのでちょっと紹介してみました。

    • TorHR said on 2012年3月22日 at 23:53

      大変お世話になっております。wipeして入れなおししてから現在まで、とても調子が良いです。これからのROMも楽しみですが当分これでやって行けそうです。ありがとうございました。

      • heli0us said on 2012年3月22日 at 23:58

        wipeせずにROMを多数入れていると不安定になり易いので、ROM入れなおしたら出来ればwipeをおすすめです。

        ちなみにv0.9b2はvi40対応していません。何故かwiki見るとそういう記述になってしまっているので後で直しておきます。
        変更点はbuild.propのバージョン表記を直したのと、偽装周りの改修やマーケットのアップデート位です。
        近いうちにタッチスクリーンが変わった新しいAuroraに対応したv1.0をリリース予定です。その時はまた人柱お願いします。。(笑)

  2. TorHR said on 2012年3月20日 at 20:16

    大変お世話になっております。無事に0.9b導入に至り、人柱の報告をさせて頂こうと思います。
    icsはotfフォントも使えるらしいので、こちらの方法で DroidSansJapanese.ttf生成後にmacから ヒラギノ角ゴpro w3.otfを移植(DroidSansJapanese.ttfにリネームしてぶち込んだだけ)してみましたところ、中華文字がスッキリいたしましたので宜しければ試してみて頂ければと。
    あと既知かもと思いますが
    http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1549637
    からVending.apkを入れ替えるとモデル番号だかPinコードだか(たぶん)を無視して今まで導入したアプリの履歴を全て見る事ができてなかなか便利です。

    ところで当方のauroraは稀にですが0.9bで長時間スリープで固まっちゃったり、スリープ時にブツブツとノイズが出たり、wi-fi復帰接続に失敗したりするようになったのですが、これは当方のみでしょうか?どうもライブ壁紙を使用しているとこういった症状になるような気がするのですが…もし何か対処法をご存知でしたらお教え下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL