ECR Aurora-II JMod – v0.3 リリース

新しい公式ファームがリリースされたので、変更点をマージした物をアップしました。Wi-Fiの通信速度がだいぶ改善したように感じられるので、アップデートをオススメします。

ECR-A2-JMod-v0.3_signed.zip – 149.99 MB – 2012/08/01

  • 公式ファーム0717をマージ(HDMIデュアルディスプレイ対応・Wi-FI改善)
  • ブートアニメが上手くループしていないのを修正
  • フルスクリーンパッチを統合
  • HOMEキーをBACKキーに変更
  • Playストア 3.7.15 にアップデート
  • 不具合回避の為 aml_logo.img,bootloader.img,logo.img をアップデートするように変更。

ダウンロードは専用ページからどうぞ。 http://bthehb.wordpress.com/ecr-aurora-ii-jmod/

この投稿へのコメント

  1. 降魔 said on 2012年8月6日 at 01:20

    すいません。
    少し分かりにくいですね。

    AggroBが自分の環境では割りと安定していたので
    しばらく使い、新しいバージョンはスルーしていたのですが、
    バージョンEには HDMIのデュアル出力があったので
    便利だと思い 導入してみたが 不具合が出たので
    順に試したという事です。

  2. 降魔 said on 2012年8月5日 at 21:13

    初めまして、以下の症状なのですが、
    どうすれば良いでしょうか。

    Aggro0725Dで、幾つかアプリを追加した途端
    起動後の内部SDの認識が極端に遅くなり
    場合によっては認識すらしない状態に陥りました。
    幸い少し前のバックアップがあったので
    メディアパーティションをクリアーして
    認識しない症状は直ったのですが、
    データを復元すると 認識時間が二分位になってしまいます。

    空き容量が少なくなってから この症状が出始めたので
    個人的には データが重くなったからだと思っているのですが
    間違いでしょうか?
    此方のROMではないので、大変恐縮なのですが、
    宜しければご意見お聞かせ下さい。

    追伸
    此方のROMでは 端末偽装を行っていないとの事ですが、
    今後も対応する予定はないのでしょうか。

    • heli0us said on 2012年8月6日 at 00:01

      内蔵SDが認識しなくなるという報告は見たことありますね。ただ原因や解決法は全く思い当たる節がありません・・。データを詰め込み過ぎない様にするしか・・。

      端末偽装はbuild.propを書き換えるだけですので、是非チャレンジしてみて下さい。

      • 降魔 said on 2012年8月6日 at 01:11

        なるほど。
        やはりデータの重さが原因の可能性が高いんですね。

        端末偽装は前に何度か試したのですが、
        何故かだか エラーが出てしまい、テキストを書き込めませんでした。

        それで仕方なく Aggro0626Bを入れて、
        ついこの間 0730Eを入れた所 音が一切鳴らなくなったので、
        その後に C⇒Dという手順を踏んで 現在に至ります。

      • heli0us said on 2012年8月6日 at 12:40

        内部SDの問題ですが、Slatedroidを見たら解決法が載っていました。
        http://www.slatedroid.com/topic/36911-internal-sd-card-taking-a-long-time-to-mount/

        1. リカバリに入る
        2. Format media partition を実行
        3. 再起動してPCと接続
        4. 内部SDのデータをタブレットからPCにバックアップ
        5. 内部SDをパソコンから FAT32/64kアロケーションサイズでフォーマット
        6. PCで取り外しを実行し、USBモードをオフにしてタブレットを再起動

        あとは任意でバックアップを戻せばOKです。

        実際に実行はしていませんが、効果はあるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL