Xperia Z1 f イージーハード(クラリティ素材) クリアライム を買ってみた

最近はTPUとハードケースの中間的な新素材「クラリティ素材」で出来たケースが人気らしいので、買ってみました。

DSC06360

DSC06361

本当はクリア素材が欲しかったのですが、店舗にもネット上にも在庫なし・・。仕方なくライムを選びました。最近は再入荷されつつあるようです。

DSC06362

中身。

DSC06366

Z1fライムと比較。ケースの方は緑が強く、本当に「ライムカラー」ですね。

DSC06374

DSC06375

装着。ケースのライムと本体のイエローが混ざり合い蛍光色のような色合いになりました。やや派手すぎる感じ。

DSC06373

背面はマイクロドット加工がされており、ラバーな質感+サラサラな肌触りで丁度いいグリップ感です。マイクロドット加工のせいか机の上などの平面に置いた時のグリップはありませんので注意。

クリアの場合は本体とケースの間で油が広がったような模様(モアレ)が目立ちますが、クリアライムは目立ちにくいですね。

DSC06384

一般的なハードケースと違い四辺すべてケースで覆われているので、落とした時も最低限のダメージで済みそうです。

総評

ケース自体の出来は大満足。TPUとハードケースの良いとこ取りなクラリティ素材は非常にケース用途に向いている感じがします。ただこのクリアライム色は本体のライムと大分色味が違うのが残念。モアレ等の欠点はありますが、ライムの本体色を活かしたい場合はクリア一択でしょう。

Xperia Z1 f SO-02F ケース イージーハード(クラリティ素材) クリアライム

2014/07/29 追記

使用状況にもよりますが、1か月程で材質自体が膨張し、フィット感が少しずつ悪くなっていきます。ハードカバーのように長期の使用は難しそうです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL