Xiaomi MIUI 8 ECRMod 日本語カスタムROM

mi5-ecrmod

もともと日本語と日本地域向けの調整が入っていないMIUI 8ですが、こちらのカスタムROMはMIUI8の良い点を残しつつ日本語言語地域向けのカスタムを追加したROMです。

ECRModカスタムROMについて

  • MIUIベース (China or Global)
  • 日本関連の追加(地域、ロケール、翻訳リソース)
    (翻訳率は9割程度。クオリティーは低いですが目に入るところはほぼ翻訳完了。誤訳や訂正募集中です。)
  • 中華ブロートウェアの削除 (Xiaomi自動インストールアプリ・広告配信アプリ・アドレスブック等)
  • 必要最低限のGoogleApps
  • 日本向けのデフォルトAPNを追加
  • MiMax: Googleガイドラインに合わせたフォントサイズ調整
  • MiMax: UIの調整(dpiを380に拡張、それに合わせたUI微調整)
  • MiMax: ホーム画面のアイコンを5×6に変更
  • その他

  • Mi Max 16GB,32GB (Hydrogen)
  • Mi Max 64GB,128GB (Helium)
  • Mi3 / Mi4 WCDMA (Cancro)
  • Mi5 (Gemini)
  • Mi5C (Song)
  • Mi 5s (Capricorn)
  • Mi 5s Plus (Natrium)
  • Mi Note 2 (Scorpio)
  • Mi Note (Vergo)
  • Mix (Lithium)
  • Redmi 3s (Land)
  • Redmi 4 (Prada)
  • Redmi 4 Prime (markw)
  • Redmi 4A (Rolex)
  • Redmi Note 4 (Nikel)
  • Redmi Note 4 Qualcomm (Mido)
  • Redmi Pro (Omega)
  • Redmi Note 3 Qualcomm (Kenzo, Kate)

全てのデバイスでの動作確認は行っておりません。バグ報告・動作レポートはお気軽にお願いします。

  • Mi関連のサービスはほぼ残っています。
  • 誤訳や機械翻訳丸出しがあります。
  • root権限は取得しておりません。
  • 動作報告のレポートは大歓迎ですのでお気軽にコメントお願いします。

スクリーンショット

MiMaxでのスクリーンショットです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

変更履歴

こちらのページで確認ください。

注意事項

  • このROMを導入・使用したことによる発生した損害は一切責任を負いません。自己責任でお願いします。
  • このROMを営利目的で利用することは一切禁止致します。
    (ROMを入れた端末の転売(法人個人含む)や代理導入など)
  • 通常にROMを利用して、不要になった場合に導入したまま出品するなどは問題ありません。
  • 代理導入については相談受け付けますので、お気軽にお問合せお願いします。

インストール方法

ブートローダーアンロック端末でのみでご利用頂けます。

通常のカスタムROMと同じくTWRPからzipを指定してインストール出来ます。

アップデート方法

バージョンのアップデートは基本上書きで動作はすると思います。ただ問題は出る可能性は十分にあるのでバックアップは必須です。バグの報告はフルワイプ後のクリーンインストール時でも起こるのを確認して頂いて報告いただければ助かります。

バージョンダウンやWeeklyからStableに切り替える場合はフルワイプ必須です。

よくある質問

GlobalとChinaの違いは?

Chinaベースでも限りなくGlobalと同じくなるようにカスタムしているので、ROM自体の内容はほぼ同じです。安定性を取るのであればカスタム範囲が少ないGlobalベースをお勧めします。プリインンストールされているGoogleAppsの関係でGlobal/Chinaの切り替えはフルワイプが必要になる可能性があります。

OTAアップデートについて

OTAアップデートは同機種の最新版の日付の物がアップデートされると通知が飛びます。自動インストール等の気の利いた機能はありません。Global/Chinaの判断もありませんので、アップデートの判断はご自身でお願いします。Weekly版のアップロードは通知されません。Stable版の通知が飛びますが無効化又はスルーでお願いします。

ダウンロード

命名規則: (端末名)(端末コードネーム)(ベースROMバージョン)(Androidバージョン)_ECRMod(ECRModリリース日).zip

ROMファイルのアップロード情報は@bhnotesでも行ってます。いち早くファイルを手に入れたい方はフォローしてみて下さいね。Weekly版のビルドは気まぐれですので、こちらのページには載せていません。

修正パッチ

  • MIUI-GooglePlay-DownloadFixPatch.zip
    MIUI 8 Android 7.0 Nougat上でGoogle PlayストアがWi-Fi待機中になってしまう問題を修正するパッチです(DownloadProviderを更新します)
  • Deresute-NougatAudioSync-UniversalPatch.zip
    Android 7.0 Nougat上でデレステをプレイすると音楽とノーツがズレる問題を修正します。(@koron393さんのツイートから参照/Snapdragon系のみ/MIUI or LineageOSどちらでも適用可能)
  • bluetooth-tethering-fix.zip
    20170227~20170320ビルドでBluetoothテザリングでのネット接続ができない問題を修正します。> 詳細

Mi3W / Mi4W


Mi5

Android 7.0 Nougat

Android 6.0 Mashmallow


MI5C


Mi 5s


Mi 5s Plus


Mi Max/Prime


Mi Mix


Mi Note


Mi Note 2


Redmi 3S


Redmi4


Redmi 4 Prime


Redmi 4A


Redmi 4X


Redmi Note 3


Redmi Note 4


Redmi Note 4 Qualcomm / Redmi Note 4X


Redmi Pro


ROMファイルへの直接リンクはご遠慮お願いします。

気に入って頂けましたか?

支援はいつでも歓迎です。

assoc300x250_luxurywatch_0317 kdd-assoc-c-JP-300x250

コメント欄が長くなりすぎたため、こちらのROMに関する質問やレポートはフォーラムにお願いします。

この投稿へのコメント

  1. アンロック申請中 said on 2016年12月24日 at 01:28

    質問なのですが
    MIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zipは
    helium(mi max128GB)でも使えるのでしょうか?
    それと、うちのmi maxはgeekbuyingのショップROMなのですがアンロックしてショップROMにtwrpを導入すればそのままECRModを入れることは出来ますか?
    一旦Xiaomi Mi Max Prime 64G/128G Latest China Developer Version を焼いてからやったほうが良いのでしょうか?

    • heli0us said on 2016年12月24日 at 14:27

      UniversalはHydrogen/Heliumどちらでも対応しています。
      ショップROMでもアンロックできる可能性はありますが、ベースとなっているROMの種類でアンロック申請が通らないことがあるようです。その場合は公式ChinaかGlobal Develpを焼き直す必要があります。
      アンロックできれば問題なくECRModをご利用いただけます。

      • アンロック申請まだ降りない said on 2016年12月24日 at 17:45

        有り難うございます
        アンロック許可が出たらやってみようと思います

  2. Key said on 2016年12月20日 at 16:26

    最近、mi max(hydorogen)を購入し、昨日ECRmodを使わせて頂きました。そこで質問なんですが、インストールされているGoogle日本語入力はアンインストール出来ないのですか?
    インストールされているのはバージョンが新しく使い勝手が悪いので、今の仕様になる前のアプリを入れたいんですが、グレーアウトしてて消すことが出来ないです。

    • heli0us said on 2016年12月20日 at 21:20

      TWRPなどから/system/app/GoogleJapaneseInputを削除すれば消えます。
      最近のECRModは日本語入力のプリインストールを取りやめたので、アップデートして頂いてもいいかもしれません。

      • Key said on 2016年12月21日 at 01:05

        返答ありがとうございます。
        カスタムROMはNexus4以降、全然してなかったので、すっかり忘れてました。
        現在v8130ですが、v8140へのバージョンアップはそのまま上書きで大丈夫でしょうか?
        重ね重ね質問で申し訳ありません。

      • heli0us said on 2016年12月21日 at 14:11

        バージョンアップであれば上書きで大丈夫ですが、念のためバックアップは必須です。

  3. kuribong said on 2016年12月19日 at 20:01

    いつも利用させていただきありがとうございます。MIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zipからMIMAX_helium_V8160MBDMIDI_ECRMod_20161216.zipへ乗り換えてみたところ、facebookアプリが起動しなかったり、起動してもすぐに落ちてしまう現象が起きました。
    dalvikキャッシュのwipeなど行なっても変化はありませんでした。
    お手すきのときにcheckいただければと思います。

    • heli0us said on 2016年12月19日 at 21:19

      ありがとうございます。
      facebookアプリですが、Hydrogen 8.1.4.0では問題なく動作しているようです。
      もしデータを維持してアップデートしている場合はアプリのデータ消去して再度試してみて下さい。

      • kuribong said on 2016年12月20日 at 08:17

        昨日2つの方法を試みました。
        ・アプリのデータを消去してからアプリ再起動
        ・アプリのアンインストール後、再インストールの上アプリ再起動
        結果はどちらも同じで、正常に起動しませんでした。
        私の環境要因によるものかもしれませんが、1116版では問題なく使えているので不思議です。

  4. xyzjp said on 2016年12月19日 at 00:38

    MI5s_capricorn_V80180CN_Global_ECRMod_20161206.zipを使用してます。ギャラリーが停止しますが原因は、わかりますか

    • heli0us said on 2016年12月19日 at 00:55

      ありがとうございます。
      今度見てみますね。ちなみにギャラリーの何処で停止するのか教えて頂ければ助かります。

      • xyzjp said on 2016年12月20日 at 01:01

        再起後Lock解除後にでます

      • heli0us said on 2016年12月20日 at 21:27

        アプリ使用時以外でも出るのであれば、何かしら内蔵ストレージ内にあるファイルのスキャンでエラーを吐いているかもしれません。

  5. かみやん said on 2016年12月16日 at 17:29

    はじめまして。MIMAX_hydrogen_S8140MBCCNDI_ECRMod_20161208.zip
    を使ってみました。
    私の環境だけかもしれないのですが、指紋認証でのロック解除に失敗してしまいます。
    一瞬解除できたように見えるのですが、画面がすぐに消えてしまいます。
    以前使っていた.euベースのROMでは正常に動作しておりました。
    お持ちの端末で再現出来ますでしょうか?

    • heli0us said on 2016年12月16日 at 19:18

      初めまして。ご報告ありがとうございます。
      手持ちの端末ではそのような症状は確認できませんでした。
      何かしらデータが残っているのかも知れませんね〜。

    • いな said on 2016年12月17日 at 17:48

      MIMAX_helium_V8160MBDMIDI_ECRMod_20161216.zip を使ってみましたが、指紋認証については問題ありませんでした。
      これまで使用していたMIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zip ではHomeボタン長押しでGoogleNowが起動できていませんでしたが、今回は起動できました。
      アプリについては、とりあえずTCスマホナビが起動はできても地図の読み込みを繰り返す〔現在値の設定をループ?〕だけで使用できませんでした。これはMIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zip でも同様です。
      以上、報告です。

      • heli0us said on 2016年12月17日 at 22:32

        毎度ありがとうございます。

        アシスタントアプリはHydrogenでは問題なく動作しています。設定>アプリ>デフォルト>アシストと音声入力の欄にGoogleアプリと表示されていますか?

        TCスマホナビについてはループが確認できました。どうも内部ストレージのファイル作成エラーが出ているみたいですね。正常動作する端末の内部ストレージからTcSpNaviを丸ごと移したら問題なく動作しているように見えます。

      • いな said on 2016年12月18日 at 00:45

        早速のコメントありがとうございます。
        ホームボタン長押しでGoogleアプリを起動させる点については、今回のMIMAX_helium_V8160MBDMIDI_ECRMod_20161216.zip では起動できます。設定>アプリ>デフォルト>アシストと音声入力の欄は、Google検索のアイコンでLauncher3となっていました。タップして変更しようとしてもLauncher3と「なし」しかありません。

        TCスマホナビについては未検証です。他のスマホのデータを移行して試してみます。

        とても有用なROMですのでこれからもよろしくお願いします。

      • いな said on 2016年12月22日 at 16:51

        TCスマホナビを試してみましたが、縮尺を2km
        以下にするとアプリがブラックアウトを繰り返します。他の端末からコピーしても同じです。

        以上、報告です。

  6. いな said on 2016年12月2日 at 17:46

    Mi Max helium でMIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zip を利用させていただいています。
    380dpiのおかげで本家のGlobal版よりも画面が広く感じられ、重宝しています。ありがとうございます。

    2つ、お聞きしたいことがあります。
    1. 本家のMi Max Prime Globalに、Version: V8.1.4.0.MBDMIDI (MIUI8)が出ているようですが、更新予定はありますか?

    2. Sonyのアプリ、Video & TV SideView で、モバイル視聴(レコーダーの映像視聴)をしようとすると、
    Root化されているか、Root化を補助するアプリが~ と出て、再生できません。
    ちなみに同じSonyのtorne mobileだと、リモート視聴(torneチューナーや録画映像を閲覧)ができます。
    また、本家のROMのWeekly版では同じ状況で視聴できず、Stable版では以前は出来ていたと思います。(最近のバージョンは未確認)

    以上、よろしくお願いいたします。

    • heli0us said on 2016年12月2日 at 19:09

      ご報告ありがとうございます。

      1. Prime専用ROMのリリース予定は今の所ありません。
      2. TV SideViewのセキュリティチェック(Saftynet)は強固なものになっているので、現状対応は出来ません。古いバージョンを利用するか、Magiskなどの回避アプリをご利用ください。

      よろしくお願いいたします。

      • いな said on 2016年12月12日 at 18:23

        TV SideViewのバージョンアップが先日あり、最新版では録画番組やライブ放送が再生できました。

        報告です。

  7. kz said on 2016年12月1日 at 10:19

    お世話になってます。MI5_Gemini_S8110eu_ECRMod_20161103 をとても気に入って
    使わせて頂いております、ありがとうございます。
    現在eu版のROMは公開されていないようですが、今後euベースのROMは作成されない
    のですか。こちらのコメントでradikoが使えない等報告されていましたので今後は
    グローバル版ベースでの更新がメインなのだろうとは思いますが、eu版ECRModも
    気が向いたときで構いませんので更新して頂けると非常に有難く思います。m(__)m

    • heli0us said on 2016年12月2日 at 19:02

      今後何かない限りは公式ベースに作成する予定です。
      需要があるようでしたら、euベースを作ることもあるかもしれませんが
      今の所は約束できません。

  8. まけひこ said on 2016年11月29日 at 16:04

    はじめまして。Mi5でMI5_gemini_V8120MAAMIDI_ECRMod_20161118.zipをインストールしています。
    10月初旬のMi5_gemini_ecrmod_20160928.zipを以前インストールして愛用していましたが、この度
    アップグレードしてみました。相変わらず非常に気持ち良く使用しております。とても感謝しています。

    ほとんど問題は無いのですが2点ほどコメント致します。

    1.DSDS運用(sim1:ocn音声+データ,sim2:au音声)していますが時折RANDOM-REBOOTする。
     このROMの問題では無いと思います。以前インストールしていたEU-ROMでも発生していました。
     通信関連は少し不安定なハードも有るのではないかと思っています。ハズレを引いたかもしれません。
    2.WiFi接続時のダウンロード速度がすこぶる遅い。
     http://en.miui.com/thread-346308-1-1.html←ココにも同様の悩みを抱えた方々がいらっしゃるようです。
     これもこのROMの問題では無く、大元ROMの問題の様です。MIUI8では完全な解決策が無いようにも
     読み取れますが何分、英語が苦手なものではっきりとはわかりません。こんな現象出ていませんでしょうか?

    1つ質問です。mi5sを入手されているようですが写真はmi5より綺麗にとれますか?

    乱文となり失礼いたしました。今後も更なるリリースを期待しております。

    • heli0us said on 2016年11月29日 at 20:37

      ありがとうございます。
      ドコモ系と au系を混ぜたDSDS環境でランダムリブートはMiMaxですが症状出たことありますね。
      ただ絶対発症する訳じゃなかったんですよね〜。電波状況やベースバンド等細かい状況次第かもしれません。

      WiFi下でダウンロードが遅いのはv8.1で修正されたはずですが、まだ発症していますか?
      確かDownload関係のapkを入れ替えると治ると聞いたことあります。

      写真はあまり撮らないのでカメラのレビューはできませんが、Mi5sのカメラは確実に良くなっていると聞きます。
      ただ劇的と言う程では無いし、携帯画面で見る限りだと違いは・・・と言った感じだと思います。

      • まけひこ said on 2016年12月22日 at 18:06

        heli0us様

        長文になります。申し訳ありません。

        早々に返信いただきありがとうございました。
        また、なかなか返答できずに申し訳ありませんでした。
        以前コメントしたwifi下のダウンロード速度の問題は
        ご指摘どおりでxioaomiのサイトから辿ったdownloadproviderの
        入れ替えですぐに片付いていたのですが、dsds下のランダムリブートの
        原因追求にかなり時間を費やしております。
        androidの知識がほぼゼロなので何をするにも時間が掛かってしまいます。

        ランダムリブートですが
        自宅はwifiもモバイルも通信環境がさほど悪くなく症状が全く出ないのに対して
        職場は通信環境が悪くて多発している事や
        先日山間部のトンネルをバスで移動中に多発した事も有り(wifiはオフ)、
        wifiとモバイルの通信が一気にディスコネクトしたタイミングで
        発生しているのか、モバイル通信のみが切れたタイミングで発生しているのか
        そこら辺もよくわかっていませんが、確立した通信が危うくなると
        発生するようです。

        未だに原因は突き止められていない訳ですが、
        以前と動作が多少変化がありましたので
        余り知識はありませんがコメントしようと思います。

        行ったことは以下の通りです。

        1.sim1:ocn通話/データシム,sim2:au通話シムでしたが、逆に入れ替えました。
          sim1:au通話シム,sim2:ocn通話/データシムとしました。
          (このサイトの下の方にその設定で使用していた方の報告があった為)
        2.DFSツールを使ってデバイスの通信バンド(RF BC ConfigとBand Prefered)を
          「BC0 CDMA System-A」
          「BC0 CDMA System-B」
          「WCDMA I (IMT2000/IMT2100) EUR JPN CHN」
          「WCDMA V (850MHz) USA」
          「WCDMA VI (800MHz) JPN」
          「WCDMA IX (1700) JPN」
          のみチェックして書き換えました。
          参考サイト(http://karinto.in/2016/08/02/xiaomi-foma/)
          この後LTEバンドも書き換えました。2進10進数の表記です。
          当初→11110000000000000000000000000000001000101(2061584302149)
          変更→11110000000001010000101000000010011000101(2061753386181)
          参考サイト(http://karinto.in/2016/09/23/xiaomi-lteband19/)
        3.両simのpreferred network modeが怪しいと睨み
          フィールドテストモード(*#*#4636#*#*)から両simの設定を変更して
          コンソールから下記コマンドを投入しました。
          su
          settings put global preferred_network_mode 4,12 &
          settings put global preferred_network_mode1 4 &
          settings put global preferred_network_mode2 12 &
          モードの内訳↓
          「10:LTE, CDMA, EvDo, GSM/WCDMA
           20:TD-SCDMA, GSM,/WCDMA and LTE
           4:CDMA Auto(PRL)
           12:LTE/WCDMA」
        4.Setting Database Editor(https://play.google.com/store/apps/details?id=by4a.setedit&hl=ja)
          をインストールして現在のglobalテーブルの値を確認すると
          preferred network modeはコマンド投入前は10,20でしたが
          コマンド投入→リブート後は4,20となりました。(12がリブート後20に上書きされました)
          (※但し、/data/data/com.android.providers.settings/databases/には
           settings.dbは存在しないのでどのデータを見ているのかは不明です。mi4cまでは
           settings.dbは存在していたようですがmi5は使用していないのではと思います。)

        この状態で1週間ほど様子を見ながら使っていますが明らかにリブート頻度が下がりました。
        以前は1日に10回程度リブートしてましたが現状は1,2回となりました。

        なんとなくですがネットワーク通信が危うくなるタイミングで、何かネットワーク通信をする
        例えばメールのプッシュ通知機能が動いた場合等にリブートしているような感じにも見えますね。

        関係有るか無いか全く分からず当てずっぽうにですが、今は更に
        設定>電池>アプリの電池使用量を管理>アプリを選択からGmail等自動でネットワーク通信
        を行いそうなアプリのバックグラウンド設定を無制限にして様子を見ています。

        乱文・長文失礼いたしました。

      • heli0us said on 2016年12月22日 at 21:01

        詳細なレポートありがとうございます。
        私はネットワーク関係疎いので何ともアドバイスができなくて申し訳ないのですが、
        init.qcom.post_boot.shの末尾に「settings put~」等のシェルコマンドを記述すれば起動時に自動実行されるので、再起動毎に設定し直す必要が無くなります。

    • ゆずっち said on 2016年12月22日 at 18:01

      はじめまして、私もmi5を使っていますが、auを通話とドコモ系を通信で使用しています。
      この使用方法の場合、どうもドコモ側がLTEではなく3Gの電波を掴んで通信した際に高確率でリブートが発生していました。
      そこで、*#*#4636#*#*からTestingメニューを呼び出し、ドコモ側のPhone Infomationのpreferred network typeを「LTE Only」とすることで嘘のよう端末が安定します。
      この設定は機内モードのオンオフ、再起動等で初期値に戻されてしまうので、それらを行った後は毎回設定しなおす必要はありますが、この設定を行うようにして以降は、一度もリブートする症状は発生していません。
      もし試されていないようでしたら、試してみてはいかがでしょうか。

      • まけひこ said on 2016年12月22日 at 20:16

        ゆずっちさんはじめまして。
        情報ありがとうございます。
        一度「LTE Only」にセットして様子を見てみます。

        再起動したら戻る事は私も気づきました。ただ、以前sim1:ocn(データ/通話),sim2:au(通話)の状態で
        preferred network modeを変更した際は両方共、元に戻りましたがsim1とsim2を反対の状態に入れ替えて
        preferred network modeを変更しリブートしたらsim1は変更した値のままになり、sim2だけもとに戻りました。
        今でもその状況は変わらないです。又、Oneplus等のスマホは、/system/build.propでpreferred network
        の設定を変更(要rootですが)したり、
        sqliteエディタで/data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.dbを
        編集してpreferred networkを変更したりすることでリブート後も変更値が変わらなくなるようですが
        mi5の場合はこの2つの方法は変更しても無効になるようです。
        (しかも/data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.dbは存在すらしません。)
        ですがSetting Database Editor(https://play.google.com/store/apps/details?id=by4a.setedit&hl=ja)で
        値が確認できるので何か方法があるのでは無いかとも思いますが、そこから先で行き詰まっています。

        ゆずっちさんの回避方で安定するとありがたいのですが。
        ともかく貴重な情報ありがとうございました。今後も何か有効な情報があればご教授下さい。

  9. ShakeHip said on 2016年11月29日 at 05:34

    1103euから20161116.zipに更新しました。機内モードon-offの不具合は解消され、4G(LTE)に復帰するようになりました。ただ、私の環境だけなのかもしれませんが、通話音量を最大にしても相手の声が小さく、聞き取りにくくなりました。

    • heli0us said on 2016年11月29日 at 20:30

      ありがとうございます。
      MiMaxの場合はhydrogenかheliumどちらかの機種かを添えていただければ助かります。

  10. yasuyama said on 2016年11月25日 at 02:22

    Mi 5s plus対応も是非お願い致します。

  11. ふりっく said on 2016年11月24日 at 14:15

    Mi Note 2の日本語化もよろしくお願いします!!

  12. kazu said on 2016年11月23日 at 01:29

    はじめまして。Mi5でxiaomi.euを今まで使用していましたが、こちらのROM(MI5_gemini_V8120MAAMIDI_ECRMod_20161118.zip)を知ってインストールしてみました。
    やはり日本語で活用できるのは凄く嬉しいです。
    しかし環境設定でつまずいて困ってしまいました。
    MI5はTitaniumBackUp & TitanimuBackUp ProでもAndroid IDのバックアップ&復元が出来ず、いつもコマンドでsettings put secure android_idで復元していましたが、ECRModで復元しようとするとError while accessing settings provider
    java.lang.SecurityException: Permission denial: writing to settings requires:android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGSと出て復元が出来ません。こういった場合の対処法をご存じでしたらお教え頂けないでしょうか?

    • heli0us said on 2016年11月23日 at 13:03

      ご報告ありがとうございます。

      私はandroid idの復元をしないのでわからないのですが、xiaomi.eu版のv8.1系では大丈夫だったって事ですか?
      詳しくないので簡単に調べただけですが、違うコマンドでの復元方法もあるみたいです。
      既に実践済みでしたら失礼します。

      http://androiding.how/change-restore-android-id-marshmallow/

      • Raimon Yaguchi said on 2016年12月4日 at 22:30

        開発者向けオプションの「USBデバック」に加えて「USBデバック(セキュリティ設定)」にもチェックを入れることで、
        ADBから旧来のやり方でも復元できました。
        adb shell settings put secure android_id

  13. Rintan said on 2016年11月20日 at 14:06

    初めまして。ちょうど私もMIUIを日本語で利用しようと考えていました。
    そこでお願いがあるのですが、ぜひXiaomi公式のMIUIの翻訳プロジェクトに参加していただけないでしょうか。人手が足りず、翻訳が30%ほどしか進んでいません。もし、日本語のリソースをCrowdinプロジェクトに提供していただければ、公式での日本語の対応が望めます。
    ご検討をお願いします。

    • heli0us said on 2016年11月20日 at 15:08

      初めまして。Crowdinの翻訳プロジェクトは今でも管理されているのですか?以前参加申請だしましたが、承認されませんでしたし、翻訳元のstringが更新されていないと聞いたので

      • Rintan said on 2016年11月20日 at 15:17

        現在でも運用されており、英語と中国語以外は完全にボランティアで翻訳が行われています。MIUIのバージョンが上がるごとにきちんとstringsも増えており、現在はMIUI8の翻訳です。
        参加承認についてですが、プロフィールをきちんと書かないと承認されないことがあるようです。私の場合は「プロフィールを埋めてもう一度申請してください。」といった旨のDMが届き、埋めて再申請したところきちんと参加させてもらえました。また、Crowdinの仕様で一週間以内に参加申請に判断を下さないと無効となってしまうようですので、向こうが気付いていない可能性もあります。参加申請に自己アピールを一言添えるのもいいかもしれません。

  14. ヒロスケ said on 2016年11月19日 at 23:57

    MI5s_capricorn_V80170MAGCNDI_ECRMod_20161117を試させていただきました。
    国内の正規販売されているようなROMになっており、感心するばかりです。

    ただ、色々と設定し始めて音が出ないことに気が付きました。
    他のROMではなかったことなので、気になった次第です。。。
    MI5s_capricorn_V80100MAGCNDH_ECRMod_20161115はこれから試してみます。

    • heli0us said on 2016年11月20日 at 01:24

      ご報告ありがとうございます。

      V80170MAGCNDI_ECRModはパッケージングミスが発覚したので取り下げさせて頂いております。
      (内部のファームウェアファイルが古いバージョンでした)

      現在若干仕様が違いますが、アップロードし直しましたのでそちらをご利用下さい。

      • yanaorya said on 2016年11月20日 at 19:58

        Mi5s20161117版では、オーディーオ設定で異常終了が発生しており音も出ませんでしたが、20161119版にて音の問題が解消されていることを確認できました。
        迅速な対応ありがとうございました。
        「日本向けGPSサーバ設定」の中身ですが、QZSS(みちびき)対応という理解でよろしいのでしょうか?その内に対応詳細が補完される事楽しみにしております。

      • heli0us said on 2016年11月20日 at 21:51

        知らなかったので調べましたが、QZSSはチップレベルで非対応みたいですね。
        それをちょっとの修正で対応させちゃう様な事は出来ません笑

        GPS関連の修正はNTPサーバーを国内に向けた程度の事です。
        初期状態でも補則は優秀ですし、プラシーボ効果程度な気がしますけど。
        ちなみに20161119版は海外向けに作っているので、この修正は取り込んでいません。

  15. rui said on 2016年11月18日 at 23:00

    MIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zip試しに入れてみましたが1103euベースのものの時に起きていた通信周りやroot判定周りの問題は解消されており、euで個人的に使っていなかった機能やアプリが削除されているので気持ちよく使えそうです。
    ありがとうございます。

    MIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zipはchinaベースとのことですが、
    変更内容はおおよそXiaomi Mi 5s V8.0.10.0 Stable ECRModと同様のものでしょうか?
    (このページ上部の説明とは多分異なるはずなので少し気になりました)

    • heli0us said on 2016年11月18日 at 23:49

      ご報告ありがとうございます。
      今日GlobalにもV8.1系が上がりましたね。v8.1.2.0以上で通信の問題が解消したのかもしれません。
      China独自の機能が要らないというのは私も同感です。フォント変更とサードパーティーのテーマが使えるのは便利ですが、毎回結局デフォルトに戻して使ってます。

      変更点はChinaベースをグローバル動作に切り替えるカスタムは加わって居ますが、
      その他に対するカスタムは以前と変わっていませんので、5Sの記事とほぼ同等となります。

      上記説明はアップデートされていないので、追々修正していきます。

  16. android rookie said on 2016年11月18日 at 16:38

    いつもありがとうございます。MIMAX_Universal_S8130MBCCNDI_ECRMod_20161116.zipを利用させていただきました。特に問題もありません。今後もよろしくお願いします。

    • heli0us said on 2016年11月18日 at 21:04

      ご報告ありがとうございます。
      chinaベースは報告が無かったので助かります。

  17. ゲゲゲ said on 2016年11月16日 at 23:54

    edlでのインストールは不可能なんですか? hydrogenが今配達中でecr modの導入を考えていますがbluが必要でないedlでインストールできないかと思いコメントさせていただきました。

    • heli0us said on 2016年11月17日 at 00:27

      EDLモードでの導入は対応していません。
      現在はアンロック申請も手短に済むらしいので、アンロックしての導入をお勧めします。

  18. ひろぽん said on 2016年11月14日 at 16:59

    お世話になります。
    Mi5 Stable版を使わせて頂いております。

    euベースのStable版ということで、早速
    入れて見たのですが

    私個人的に楽しんでおりますFate/Grand Order というゲームが起動できません。
    このゲーム、root化を検知するプロテクトがかかっているようでして
    カスタムROMですと誤反応(正しい反応なのかもしれませんが)して
    起動できないようです。

    …ということでMI5_Gemini_S8050_ECRMod_20161021.zipへ戻しました。

    eu版ベースでの更新も大変有難いのですが
    通常のStable版ベースのECRModも今後も更新していただけると
    非常に有難く思います。

    • heli0us said on 2016年11月14日 at 17:13

      ご報告ありがとうございます。
      こちらもxiaomi.euの、カスタムが影響しているかも知れません。
      他にも問題が出てきているので、グローバル版がある機種はそちらをベースにしていこうかと考えてます。

  19. じゅうさん said on 2016年11月14日 at 14:40

    こんにちは、mi5でMI5_Gemini_S8110eu_ECRMod_20161103を使わさせていただいているのですが、radikoが使えない様なのですが何か分かりますでしょうか?ちなみに以前のバージョンでは使えていました。

    • heli0us said on 2016年11月14日 at 17:10

      ご報告ありがとうございます。症状確認出来ました。
      最近プロテクトが堅くなったみたいですね。euの何処かしらのカスタムがroot検知してしまっているかも知れません。
      とりあえずグローバル版8110待ちの状態です。

      • じゅうさん said on 2016年11月15日 at 14:49

        返答ありがとうございます。
        radikoの旧バージョンを導入して見たところ作動しました、さらにクロネコヤマトのアプリを使用してみたところ、root検知で使用出来ませんのメッセージが出ました、参考までm(_ _)m

  20. たなひ3 said on 2016年11月11日 at 14:11

    最新は、Globalからxiaomi.euベースになったのでしょうか?
    Mi5Sユーザーなので試せませんが、がんばって下さい。
    ほしいものリスト、自分とかぶりが結構あって、なんともかんともw

    • heli0us said on 2016年11月11日 at 15:08

      xiaomi.euでも問題ないようであれば、今後もeuベースでリリースする予定です。
      Mi5sはglobalが今はまだ無いので、必然的にeuベースになりますね。
      欲しい物リスト覗いて頂いて頂いてありがとうございます。

  21. NikoNiko said on 2016年11月9日 at 10:35

    機内モードの件、私も試してみました。しゃお氏さん同様4Gに復帰しませんでした。
    通話は問題ありません。
    機種:Hydrogen
    ROM:MIMax_Universal_S8110eu_ECRMod_20161103
    mineo(Dタイプ)

    • 謝蕎安 said on 2016年11月10日 at 22:08

      私も、電車の移動中に試してしました。
      4G復旧し通信を確認。ネットwebを見て。
      機種 : Helium 64g
      Rom : MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zip
      sim : freetel(データ専用)

  22. 愛佳 said on 2016年11月8日 at 23:45

    皆さん、作者の軽減のためAPNは自分で入れましょ。
    何でも他人任せわ行けません

    • heli0us said on 2016年11月9日 at 00:35

      お気遣い頂きありがとうございます。
      そんな手間でもないのでAPNの追加や訂正の依頼は構いません。
      比較的フルワイプする機会多いので、毎回APNを入力するのは地味に面倒ですもんね。
      リクエストするの場合はAPN設定のURLかAPN設定を直接を載せて頂ければ助かります。

  23. ノナカッチ said on 2016年11月8日 at 22:34

    MI5_Gemini_S8050_ECRMod_20161021から FullWipe してMI5_Gemini_S8110eu_ECRMod_20161103
    にしてみました。
    DTIのAPN直していただきありがとうございました。
    xiaomi.euベース これとても良いですね Mi5では 問題もなさそうです
    友人にさっそく入れてあげようと思います。
    機内モードの話が出てたのでMi5では? とやってみました
    Mi5で AUの3G専用通話SIM と ドコモベースの格安データSIM の組み合わせで使用中 機内モードに
    一旦入れた後 機内モードOFF 通常使用に戻す を行っても 私のドコモベースの格安データSIMは
    直ぐに4Gを表示し 復帰でき使用可能です。 無論 AUの3Gの通話も問題は有りません。
    1番SIMスロットに AU通話指定 2番SIMにNet指定(モバイル通信)の使い方です。

    • heli0us said on 2016年11月9日 at 00:33

      ご報告ありがとうございます。
      通信関係のレポートは貴重なので助かります。

  24. GARO said on 2016年11月6日 at 04:00

    MI MAX 32GBにて、
    MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zip から
    MIMax_Universal_S8110eu_ECRMod_20161103.zip の上書きインストールで利用させて頂いております。

    出来れば、IIJmio タイプAのAPNも追加して頂ければと思います。

    • heli0us said on 2016年11月9日 at 00:32

      ご報告ありがとうございます。
      APNは次回リリース以降追加しますね。

  25. HOPE said on 2016年11月6日 at 02:13

    Redmi note4に対応お願いします!

  26. しゃお氏 said on 2016年11月5日 at 11:13

    MI MAX 32GBにて使わせてもらっています。ありがとうございます。(両対応MIMax_Universal_S8110eu_ECRMod_20161103.zip)
    MVNOにて使っていますが、機内モードON/OFFすると4G→3Gに落ちて通信ができなくなります。
    再起動すると治ります。
    ご報告です。

    • heli0us said on 2016年11月5日 at 12:21

      ご報告ありがとうございます。
      通信関連は手を付けて居ないので、対応とかは出来ませんが
      MVNOの系統も書いていただければ、利用しようと思っている方が参考になるかと思います。

      私はHydrogen+ドコモ系のデータSIMで利用していますが、機内モードからの4G通信の復帰は問題なく出来ています。

    • mito said on 2016年11月7日 at 20:08

      【不具合報告】
      機種:Hydrogen
      ROM:MIMax_Universal_S8110eu_ECRMod_20161103

      症状:しゃお氏同様に一度機内モードONにするとOFFに戻してもモバイル回線が復旧しません。Wi-Fiは正常に復旧するのですがモバイル回線は再起動しない限り戻って来ません。
      使用回線:OCNモバイルONE データ専用SIM
      やったこと:フルワイプしてROMの焼き直し、APN再設定、SIM抜き差ししても解決せず。

      • mito said on 2016年11月7日 at 20:37

        ≫再起動しない限り治らないと書きましたが、再起動しないでも治す方法発見したので追記します。
        使用してない別の回線のAPNを選択し、再度使用しているAPNに設定し直すと再起動せずとも復帰できるようです。

      • heli0us said on 2016年11月8日 at 17:37

        ご報告ありがとうございます。
        現状解決策は見つかりませんが、発見出来ましたら修正します。

    • しゃお氏 said on 2016年11月14日 at 12:23

      追記
      私が使用しているMVNOはエキサイトモバイル SMS付きです
      購入してからすぐにECRModを使わせていただいているので、この現象がglobalやeuで既に発生していたものなのか自分は検証ができません。
      APN切り替えや、優先ネットワークを4G~2G切り替えでも戻る時が希にありますが、完全ではないようです。

  27. android rookie said on 2016年11月4日 at 00:34

    早速MIMax_Universal_S8110eu_ECRMod_20161103.zipをインストールさせていただきました。
    クリーナーの中の不要ファイルに中国語表記の○声○○器というものがありますが、これはこのまま保持で問題ないでしょうか。MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zipではなかったように思い少し気になりました。

    • heli0us said on 2016年11月4日 at 00:43

      手元の環境では確認出来ませんでした。
      不要ファイルの欄であれば削除しても問題ないかと思います。

  28. みや said on 2016年11月3日 at 18:49

    redmi pro版をお願いします

  29. ノナカッチ said on 2016年11月2日 at 05:16

    かけ放題と格安SIMの2台持ちからAUの3G(CDMA)がOK且つ1台のスマホでDSDSが出来る事からXioami Mi5とMi Maxに夏から持つようになり、それを見た2台持ちの友人らも無謀にも同じものを欲しがり、日本語入力と日本語アプリはモアロケールで大丈夫だが、設定は英語のままで大丈夫だよね?に大丈夫の返事でしたので、取り寄せ渡しました。

    やはり無謀は無謀 英語では躓いてばかりで、CM13にでもと考えていましたが、こちらでROMが公開され友人らは 救われ喜んでいます。 一人はMi5 もう一人はMi Maxで頭の下がる思い ありがたく 感謝の心持って 使わせていただいていると 友人2人は言っております。

    Cell Broadcastの事が コメントあり 私もコメント書いてみようかと思いました。
    文章長くなってしまい 不都合ならば 一部消しても 全部削除でも構いません。

    私は OTAが出来る純正グローバル版ウイークリーにモアロケールで日本語入力とアプリ使っています。
    友人とは違い 英語のままで構わないからです。
    設定は実際英語ですが 日本語 に なった感じで書きます
    設定から地域を 台湾にするとCell Broadcastは 「無線とネットワーク」の「もっと見る」の中の最後の列に現れ設定できます。
    しかし、地域が台湾では 「SIMカードとモバイル」を開けた中 「VoLTEを有効にする」 が薄いグレー色となり 触ることが(有効・無効化が出来ない)できなくなります。

    VoLTEの運用が始まっていて、尚且つCell Broadcast の運用も始まっている国は どこなんだ?と 
    インドを 地域に 選びます すると 「VoLTEを有効にする」の欄も活き「Cell Broadcast」も現れるようになります

    インドを選ぶことにより 表示の現在時間が暫くの間 違ってきますが Netから 取って 今いる地域の時間に変わるので放っておくか、タイムゾーンを日本標準時間に固定するか で 使うに問題が起きませんから 余 私は気にしていません。

    これらは 日本語の入った このROMを入れても ほぼ同じで 台湾を指定するとMI5_Gemini_S8050_ECRMod_20161021では 「VoLTEを有効にする」は 無くなってしまいますが、
    「緊急警報」(=Cell Broadcast)は 現れます
    インドを指定すると「VoLTEを有効にする」 「緊急警報」 両方が現れ設定ができます 

    両方が 現れる 国は 中南米の多くの国 産油国 辺りは多いです ヨーロッパの国は「緊急警報」が現れません。
    Mi5は再起動させると 中国に戻りますから その際はインドに戻します。
    MiMaxのMIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014 は 再起動で中国に戻りませんが 、何となくインドのままか確認しちゃいます VoLTE と緊急 の現れ方は Mi5と全く同じです。 

    よって MIUI8は きめ細かく作られ その国でサービスや運用が始まっていれば 使えるように 地域(国)別に紐づけているのではないでしょうか? 
    まったく ズブの素人の想像です
    MIUI8に 元々日本が存在しませんから 国別で紐づけられてる「緊急警報」を 紐づけで引っ張り込む方策が必要なんだと ズブの素人の考えです。

    APN 沢山入れていただいて ありがたいです しかし DTI このデータが違うようです
    現在は APN: dti.jp ユーザー名: dti パスワード: dti 認証タイプ: CHAP または PAP だそうです
    友人の格安SIMが DTI で 上記の様に上書きしたそうです 報告まで。

    • heli0us said on 2016年11月2日 at 12:24

      ご報告ありがとうございます。ご友人にそれだけ嬉しく思って頂けてるのを聞いて私も嬉しく思います。

      Cell Broadcastsの詳しい検証ありがとうございます。
      私も台湾設定で使えると聞いて地域関係のファイルをちょっと見てみたのですが、関連した記述は無いようでした。
      おそらくその辺りの判定処理はシステムの方で行っているみたいなので、簡単には日本地域で同様の処理にするのは難しいかもしれません。
      APNの件もありがとうございます。次回リリース以降反映させておきますね。

  30. トルコ石 said on 2016年10月22日 at 11:47

    試行錯誤の末、Mi Max に無事導入できました。
    これで難解な英文設定を調べずに済みます。本当にありがとうございます。

    導入後の設定で一つ引っかかってしまったので、ご報告をさせていただきます。
    楽天モバイルのAPN「vdm.jp」についてカスタマーセンターよりお知らせがあり、
    vdm.jpが2016年11月30日にて使用できなくなるそうです。
    現在は移行期間ですが、11月15日までに「rmobile.co」と変更する必要があります。

    ご参考までに。

    • heli0us said on 2016年10月23日 at 20:04

      ご報告ありがとうございます。
      楽天モバイルのAPNの件ありがとうございます。次回リリースに取り込みしておきます。

  31. Tetsuya said on 2016年10月21日 at 20:22

    mi max版使わせていただきます。
    今までTWRPを焼いても立ち上がらず、やっと立ち上げに成功してECRModを焼こうとすると内部ストレージに入れたロムが見つからずリブートしたらmiロゴで固まるとかの数々の失敗がありました(笑)
    昨日時間があったのでまずsdにECRModを入れてからTWRPの導入を行うも立ち上がらずコマンドプロンプトから起動させてやっと成功しました。8.0.2.0からの以降だったので、再度入れ直す覚悟でwipeせずにブートしてみましたが問題は起きませんでした。
    導入に20日ほど掛かりましたが、使わせていただき本当にありがとうございます。

    本日の地震後、Cell Broadcastsを探したところ見当たらなかったのですがこれは削除されているという事でしょうか?Yahoo!防災速報入れてるし、必須ではないのですがふと気になりましてお礼がてらで恐縮ですが、質問させていただきます。

    • heli0us said on 2016年10月21日 at 22:00

      ご報告ありがとうございます。
      Cell Broadcasts(緊急警報)私も確認してみたのですが、何故か無いんですよね。
      特に私の方では削除などはしていませんし、素のGlobalROMでも確認出来なかったのでもしかすると
      純正状態で既に無効化されている予感かしていますが、ちょっとまだわかってません。
      前は設定画面からアクセス出来た気もするので、見てみます。

      • ゆう said on 2016年10月22日 at 10:08

        横から失礼します。
        どうやら凍結されているようです。
        Root Uninstallerを入れて凍結済みアプリから解除したところ、「緊急警報」という名前で復活させることができました。
        ※作業にはrootをとる必要があるかもしれません。

        また、このまま再起動すると再び凍結してしまうのですが、
        その他の設定→開発者向けオプション→MIUIの最適化を有効にします
        をOFFにすることで再起動しても問題なくなりました。

        実際に動作するかは分かりませんが、参考にして下さい。

      • Tetsuya said on 2016年10月22日 at 23:50

        管理人様、ゆう様、コメントありがとうございます。
        現状困ってはいませんし、特にROOTを取らなければいけないこともないのでさわらずにおきます。
        英語から日本語に変わるだけで使いやすさがこんなにも違うのにおどろきました。今までは必要な項目だけ探して、他はなるべく触らない様にしていましたがひととおり確認できるようになったので、おかしなことをする心配が減りました。
        これからもよろしくお願いいたします。

  32. reota said on 2016年10月19日 at 11:19

    こんにちは。
    euから乗り換えましたがMi5とMiMAXともに良い感じです。
    これはお一人で作られているのですか?とにかく凄いですね~。
    Mi5sも是非お願いします。

    • heli0us said on 2016年10月20日 at 20:56

      こんにちは。
      はい、一人で作ってるのでリリースが遅れがちです。
      ラインナップの追加は是非行いたいと思っていますが、現状だと難しい感じです。
      リクエストは積極的に行って頂いても大丈夫ですので、よろしくお願いします。

  33. SaKa said on 2016年10月19日 at 06:47

    初ROM焼き直しして成功して快適に使わせてもらってます
    途中文鎮化するアクシデントもありましたがなんとか復旧できました。

    ところでこのROMでポケモンGOをプレイすると、フォントが中華フォント使われるようで
    なんか気になります。ほかのアプリだと日本語フォントのようです。
    この辺は設定なんかあるんでしょうかねぇ。

    • heli0us said on 2016年10月19日 at 10:27

      ご報告ありがとうございます。
      ポケモンGOで中華フォントが表示されるのはアプリのバグだと思います。
      システム改編することで直すことも出来そうですが、今のところ予定はありません。

  34. 謝蕎安 said on 2016年10月18日 at 10:09

    Mi Max Stable版 (Hydrogen, Helium)をダウンロードさせていただきました。
    Mi Max(64G)はHeliumを使用し、今のところ問題はないです。
    ボタンも、問題なく動きます。

    • heli0us said on 2016年10月19日 at 10:28

      ご報告ありがとうございます。
      ボタン入れ替え無事動いているようで安心しました。

  35. NikoNiko said on 2016年10月17日 at 10:15

    20161005.zip使わせてもらってますm(_ _)m 
    お忙しいところ恐縮ですが、新バージョン(20161014.zip)に書き換えられる
    修正パッチは公開されるのでしょうか。
    それともフルワイプ→再インストールが必要なのでしょうか。

    • heli0us said on 2016年10月17日 at 10:45

      バージョンアップでしたらフルワイプしなくても大体は問題ないと思います。

      • NikoNiko said on 2016年10月17日 at 11:28

        すみません、いまいち理解できなくて再度質問です。内部データ・アプリなどを残したままバージョンアップするには、TWRP起動→MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zipをSDカードに入れてROM焼き→Dalvik・Cacheのみワイプ で、大丈夫なのでしょうか。
        初歩的な質問で、本当にごめんなさい。

      • heli0us said on 2016年10月17日 at 12:02

        大体のカスロムで言えることですが、バージョンアップは上書きインストールして試す。
        何か問題が出たらDalvikとcacheのワイプ、それでも問題が出たら/dataのワイプ
        それでもダメならROMの問題といって切り分けて試すのが基本です。

      • NikoNiko said on 2016年10月17日 at 12:58

        初歩的な質問に真摯にご回答頂き、感謝いたします。
        バックアップを取った後に上書きインストールしてみようと思います。

  36. たろう said on 2016年10月16日 at 19:15

    はじめまして。MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zipダウンロードさせていただきました。
    Mi Max 64GB版(Helium)にて問題なく動作しております。
    以前、Aurora時代にもJModでお世話になっており非常に懐かしく思っております。
    ありがとうございました。
    動作状況ですが、しいていえば、「セキュリティ」を動作させたときに最後に強制終了になりますが、まぁそんなこともあるかという程度です。

    • heli0us said on 2016年10月17日 at 10:53

      はじめまして。ご報告ありがとうございます。
      Aurora時代から利用頂いているとは嬉しい限りです。
      「まぁそんなこともあるか」精神は流石ですね。
      今は本当にハードもソフトもクオリティ上がって普通に動くのが当たり前ですからね~。

      そうそうheliumユーザーにお聞きしたいのですが、ボタン入れ替えは出来てますか?

  37. HIZUMI said on 2016年10月16日 at 14:32

    こんにちわ。
    「MIMax_Universal_S8020_ECRMod_20161014.zip」を使用させて頂きました。
    筐体はGearBestで購入した32GBです。

    質問なのですが、[設定]→[壁紙]に進み壁紙の画像を選択すると、
    画面下部に”Can’t load Image”と表示され壁紙が変更できませんでした。
    カスタムの影響なのか、Mi Maxの仕様なのか判断が付きませんでした。
    お手数ですが、ご回答を頂ければと思います。

    • heli0us said on 2016年10月16日 at 14:35

      こんにちは。
      おそらく何らかの形でシステムランチャーの権限要求を拒否されてしまったのでは無いでしょうか。
      設定-アプリ-システムランチャー-アプリの権限でストレージの許可を与えてみてください。

      • HIZUMI said on 2016年10月16日 at 16:34

        さっそくの回答、ありがとうございます。

        ランチャーアプリの権限を確認してみましたが、「ストレージ」は許可されていました。
        ただ、他の権限がなかったので、許可を与えてみましたが、
        やはりロック画面とホームの両方で背景画像をロードできないままでした。

        焼きからやり直した方がいいでしょうか?

      • HIZUMI said on 2016年10月16日 at 16:39

        連投で申し訳ありません。
        端末の再起動をしても現象が改善しなかったので、別のランチャーアプリを入れて、
        再度システムランチャーに戻した所、正常に壁紙の変更ができる様になりました。

        お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。
        ご協力ありがとうございました。

      • heli0us said on 2016年10月17日 at 10:49

        無事解決したようで良かったです。
        設定内の壁紙選択はシステムランチャーに依存した実装みたいなので、その辺りがバグってたのかもしれませんね。
        別のランチャーにすると使い物にならない設定なので

  38. 木村 博 said on 2016年10月16日 at 12:30

    Mi Max Stable版をHydrogenで利用させていただいています。
    非常にいい感じです。ありがとうございました。
    そのような中、NARUTO漫画,ジャンプ,ワンピース漫画ですが、アプリは起動するのですが、
    話を選択すると、1Pが表示されてすぐに「〇〇〇が予期せず停止しました。やり直してください。」
    と表示されてしまいます。
    自分の環境だけなのか、そうでないのか何か情報があればと思い書き込みさせていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    • heli0us said on 2016年10月16日 at 14:42

      集英社の公式アプリですよね?
      今手持ちの端末でweekly6.10.13を試してるのですが、そちらの端末ではナルトがペンキ缶を持っていたずらしている様子と
      ルフィーが鋭利な刃物で自分の顔を傷つけている様子が確認出来ました。

      結構国内のアプリは独自の保護技術使ってたりするので、新しいバージョンでは修正が入っているかもしれません。
      weeklyのバージョンも今日か明日リリースしますので、そちらを使ってみて下さい。

      • 木村 博 said on 2016年10月18日 at 08:31

        weekly版リリースありがとうございました。
        早速試したところ、全く問題ありませんでした。
        このROMで落ち着けそうです。
        今後ともよろしくお願いいたします。

  39. なおや said on 2016年10月13日 at 23:14

    Mi Max Weekly版を入れてみました
    やっぱり日本語は良いですね、ありがとうございます
    ただ、ひとつ気になったのはMi Max Weekly版を入れる前から
    色んなウィジェットを使用していたのですが、Mi Max Weekly版
    で使用しようとしたら、ほとんどのウィジェットが反応しません
    時計が進まなかったり、内容が更新されない、ホームに貼り付けて
    タップしても反応なし等
    これはベースとなったROMの仕様なのかMi Max Weekly版の仕様なのか
    または、こちらの導入方法「が間違っているのか
    アドバイス頂けないでしょうか

    • heli0us said on 2016年10月13日 at 23:39

      初期設定のMIUIはシステムと一部のアプリ以外バックグラウンドのアプリはすべてキルされます。
      電池持ちは極めて良くなりますが、アプリがキルされてしまうとそういった症状がでると思います。

      [セキュリティ]>[権限の管理]>[オートスタート]で使用したいアプリに自動起動を許可するか、
      通常のAndroidと同じ動作にするには[設定]>[電池]>[アプリの電子使用を管理]で節電モードをオフにしてみて下さい。

  40. YUKKU said on 2016年10月13日 at 17:14

    導入できました。
    MiMax64GB 版でTWRP(helium)を用いてStable版 (Hydrogen, Helium両対応)を使用して焼きました。
    始めSDカードから読ませたところMD5checkで引っかかり焼けなかったのですが、MTPモードで本体に転送して焼いたところ成功しました。
    日本語に対応しており大変使いやすいです。

    気になったのはFOMAプラスエリア化するときにSelect radio bandが項目になかったことです。
    プラスエリア化自体は問題なく終了した(と思う)のですが、気になったので報告させていただきました。

    • heli0us said on 2016年10月13日 at 18:45

      ご報告ありがとうございます。
      確かにバンド選択が表示されていませんね。
      カスタムが原因なのかちょっと見てみます。

  41. YUKKU said on 2016年10月12日 at 19:46

    mi max64GB(Helium)に導入予定なのですが、こちらは配布しているZIPファイルのみの導入でしょうか?それとも別途gappsも用意したほうがいいのでしょうか?

    • heli0us said on 2016年10月12日 at 21:25

      gappsは入っておりますので、別途用意する必要はありません。
      open-gappsを導入してしまうと初期設定が出来なくなってしまうので、注意して下さい。

  42. GHOST said on 2016年10月12日 at 17:42

    この度は大変御手数をおかけしております。

    説明不足でしたが、私もYaguchi様と同様の症状で、テストポイントをショートさせて復旧させるしか手段の無い状態でした。
    御教示いただいた内容に基づいてTWRPを確認して焼き直し、再度Romを焼いたところ正常に起動でき、日本語環境で快適ですね!
    御迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
    有り難うございました!

  43. てる said on 2016年10月12日 at 07:07

    Mi Max Stable版(Hydrogen)を試させてもらいました。
    日本語で表示されるのはかなり気持ちいいです。

    ただ、Wifiの設定でSSIDが非公開のNetworkにつなごうとすると、以下の事象に見舞われます。
    1. SSID入力 -> OK
    2. 「セキュリティの設定」が選択 -> settingがハングアップ
    3. フィードバック画面が起動

    ご連絡まで。

    • heli0us said on 2016年10月12日 at 11:38

      ご報告ありがとうございます。
      症状確認出来たので、夜にでも修正パッチ出しますね。

      • てる said on 2016年10月16日 at 09:05

        ありがとうございます

  44. GHOST said on 2016年10月10日 at 22:35

    MiMax Stable版をダウンロードさせていただきました。
    当方Helium64GBのMiMaxですが、TWRPからWipeしてダウンロードしたZIPファイルをインストールした後に再起動すると何度やっても必ず文鎮化してしまい、全く起動しなくなります。
    ダウンロードしたZIPは特に触らなくてもそのままTWRPで焼けばよろしいでしょうか。
    御教示いただけると幸いです。宜しくお願い致します。

    • heli0us said on 2016年10月10日 at 23:27

      zipは何も弄らずにインストールで大丈夫です。
      helium端末でもいくつか動作報告頂いているので、恐らくROM自体は大丈夫だと思うのですが、
      一度fastbootで公式Global ROMを焼き直す等をしてみて下さい。

      ちなみに全く起動しないと言うのは、miロゴも表示されないという事ですか?
      そうであればファームウェア関連が怪しいので、twrpのログ等頂ければ参考になります。

      • Raimon Yaguchi said on 2016年10月11日 at 06:25

        横から失礼します。
        私も無応答になります。
        3度試してすべて「Qualcomm HS-USB Diagnostics 900E」状態となってしまいます。
        毎回テストポイントショート→XiaoMiFlashにてChina Developer書き込み→TWRPにてECRMod 書き込み。
        で行っています。
        ECRMod 書き込み後に無応答となってしまうので、LOG取得ができませんでした。

      • Raimon Yaguchi said on 2016年10月11日 at 07:55

        China Developer書き込み→TWRPにてformat後にECRMod 書き込み。です。

      • heli0us said on 2016年10月11日 at 11:36

        言葉足らずでしたので改めて

        1. 使用しているTWRPのバージョン(helium向けのTWRPを使用をしていますか)
        2. ECRModのインストール時にTWRPのログ画面に「Target Device:helium」と表示されていますか
        3, xiaomi.eu等の他のカスタムロムは使用できますか

        上記確認を頂けたらと思います。
        すべて問題なければ、ECRMod側の不具合かもしれません。
        ご協力宜しくお願いします。

      • Raimon Yaguchi said on 2016年10月11日 at 19:33

        確認しました。
        1. 使用しているTWRPのバージョン :TWRP_helium 3.0.2-0
        2. ECRModのインストール時に… :Target Device:(hydrogen)
        3, xiaomi.eu等の他のカスタムロムは使用できますか :これから試してみます。
        メッセージからするとハード誤認識ですかね?
        先週末に届いたばかりのハードです。 アンロックからそのままECRMod入れたところの現象です。

      • heli0us said on 2016年10月11日 at 21:31

        報告ありがとうございます。

        おそらく使用しているTWRPがHydrogen用なのが理由かと思われます。
        ログでHydrogenと出てしまうのであれば、Xiaomi.euはデバイスの確認で弾かれてインストール出来ないかと思います。
        ファイルを実際に確認したところ、公式サイトのTWRPはデバイス名がちゃんとheliumになっていたので、恐らくこのリカバリを焼き直して試せば大丈夫かと思われます。
        https://dl.twrp.me/helium/

        TWRP上でデバイス名を確認するには、TWRPを起動させて[Advanced]-[Terminal]を開きgetpropを入力して実行して下さい。
        ro.build.productの項目が実際のデバイスと一致していれば大丈夫です。

      • Raimon Yaguchi said on 2016年10月11日 at 21:46

        すみません、間違えていたようです。
        再度試してみます!

      • Raimon Yaguchi said on 2016年10月12日 at 06:38

        教えていただいたTWRPにてECRMod 書き込めました!
        こちらの不手際によりお手数をおかけしまして申し訳ありませんでした。
        ありがとうございます!

    • heli0us said on 2016年10月11日 at 10:00

      ご報告ありがとうございます。

      EDLモードでの復旧が必要になる文鎮は不味いので、一旦helium対応は取り下げます。

      ROM書き込み中にtwrpのログ画面にhydrogenとは出ていませんでしたか?

  45. ゆう said on 2016年10月10日 at 20:52

    mi5 weekly版使わせて頂きました。
    これまではeuROMをmore locale2で日本語ロケールにして使っていましたが、
    こちらの方がやはり気持ちいいです。

    公開どうもありがとうございます。

    ところで、ECRModとはどういった意味なのでしょうか?
    ググっても分からず・・・
    良ければ教えて下さい。

    • heli0us said on 2016年10月10日 at 20:59

      ご報告ありがとうございます。

      ECRModとはただ単に愛称として使って頂けるように付けているだけで、特に説明するほど深い意味はありません。
      中二っぽい語感で中々気に入っております。「ECRMod良いな」とでも言って頂ければ嬉しく思います。

      • ゆう said on 2016年10月13日 at 00:03

        オリジナルの名称だったのですね。
        何日か使用していますが、バッテリーの持ちもeuROMのころより長くなったような気がします。

        公開いただき、本当にどうもありがとうございます。

      • ゆう said on 2016年10月20日 at 21:05

        こんにちは。

        MIUIの問題なのか機種固有の問題なのか分かりませんが、
        Huluアプリで再生をしようとするとエラーがでてしまいます。(MIUI7のeuROMでも出ておりました)

        heli0usさんのお力でエラー回避するようなことはできますでしょうか?
        お時間ありましたら検討いただけると幸いです。

        どうぞよろしくお願いいたします。

  46. mito said on 2016年10月9日 at 19:42

    【動作報告】Mi Max Stable版をMiFlashを使用してflash allしても15%くらいで失敗しますね。文鎮化はしませんでしたがXiaomiへのReport送信ポップアップがゾンビ状態になります(笑)

    • heli0us said on 2016年10月9日 at 20:19

      報告ありがとうございます。
      ちょっと期待しましたが、この方式では無理のようですね。
      システムとcustをsimg方式に変換すれば未アンロックでも焼けそうです。

  47. mi5 said on 2016年10月6日 at 12:04

    mi5版をダウンロードさせていただきました。
    fastbootで、なぜか書込が失敗して文鎮化しましたが、TWRPで無事書き込めました。
    やはり、日本語UIは良いですね!
    ありがとうございます。

    • heli0us said on 2016年10月6日 at 13:47

      報告ありがとうございます。
      fastbootで動作確認していないので、今度試してみます。

  48. ガジェ好き said on 2016年10月3日 at 22:34

    Mi5版使わせてもらってます。

    miui.euから乗り換えました。
    やはり設定が日本語だといいですね。

    ありがとうございます!

    • heli0us said on 2016年10月3日 at 22:49

      ご報告ありがとうございます。
      英語でも問題ないとはいえ、日本語だとわかりやすいですよね。

  49. なべす said on 2016年10月3日 at 10:30

    mi5版いただきました。
    標準のmiuiやmiui.eu版と違って、locale変更よりも遥かに日本語化されていて素晴らしいですね。
    google日本語入力や、主だったMVNOのAPNが設定済みなど、国内で正規販売されている端末のようです。
    ありがとうございます。

    • heli0us said on 2016年10月3日 at 22:47

      ご報告ありがとうございます。
      やはり日本語で表示されているのは気持ちいいですよね。笑

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] TWRPとECRModをダウンロード […]